masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

黄緑のサクラ「御衣黄」 人吉市で見ごろに

きょうの熊本市は午前中は曇り時々晴れで、お昼からは晴れまして、気温は平年並みでした。
けさの最低気温は熊本市で13.6度で、最高気温は21.4度でした。
県内の最低気温、菊池で12.3度、人吉市で11.6度で、南小国で9.0度、阿蘇乙姫で10.4度でした。


ところで、人吉市の温泉旅館や人吉署で、八重桜の「御衣黄[ぎょいこう]」が見頃を迎えている。
1週間ほどは楽しめそうだという。
御衣黄は黄緑色の花びらが特徴。時間がたつにつれて花の中心部が紅色に染まっていくという。
サクラの中では開花時期が遅い。
同市矢黒町の温泉旅館「石亭の館」には、敷地内に6本植えてある。白花のオオシマザクラも2本あり、いずれも満開。
取締役の川越公弘さん(70)は「ソメイヨシノは雨で散ってしまったが、遅咲きのサクラはまだ楽しむことができる。自由に見に来てほしい」。
人吉署の駐輪場近くでも、御衣黄2本が咲き誇っている。
署は「気軽に立ち寄って見てほしい」と歓迎している。(西島宏美)



また、見頃を迎えた宮崎兄弟の生家施設のボタン=荒尾市
荒尾市の宮崎兄弟の生家施設で、ボタンの花が見頃を迎えた。
中国から昨年12月に贈られた花も開き始め、日中友好の架け橋となった宮崎滔天[とうてん]ゆかりの施設に彩りを添えている。4月末まで楽しめる。
生家にはかつて、中国の革命家・孫文を支えた滔天が中国から持ち帰ったとされるボタンの古木があった。
しかし、復元工事中に枯れたため、1993年の開館時、庭に新たに植樹。
毎年、約50株がピンク、赤、白、黄色と順にあでやかな花を咲かせる。
市と交流のある中国の李天然・福岡総領事から昨年贈られた苗木10鉢も、徐々に花をつけている。
10日は午前10時〜午後3時、市茶道会主催の牡丹[ぼたん]茶会がある。
500円で、抹茶と菓子が味わえる。(原大祐)
なお、NHK連続テレビ小説花子とアン」に宮崎滔天の長男宮崎龍介が登場し、また、宮崎滔天の奥さん・宮崎ツチが登場したとのこと!
ドラマ中では、「宮本浪子」という名前で登場しているツチさん。
このツチさん、滔天が中国革命のために家をあけることが多かったことから並々ならぬ苦労をしていますとのこと。