masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

震度7の地震から1週間 震度1以上は760回超

熊本県震度7の激しい揺れを観測する地震が起きてから21日で1週間です。
熊本県大分県では、活発な地震活動が続き震度1以上の地震はこれまでに760回を超えています。

1週間前の今月14日の夜、熊本県益城町震度7の激しい揺れを観測する地震が発生したあと、熊本県では、活発な地震活動が続いています。
今月16日未明には熊本県益城町西原村震度7の激しい揺れを観測するマグニチュード7.3の大地震が発生したほか、19日の夕方から夜にかけては、熊本県八代市震度5強を観測する地震が発生したあと八代市宇城市、氷川町で震度5弱を観測する地震が発生しました。


大分県震源とする地震も続いていて、21日午前5時16分ごろに起きたマグニチュード3.5の地震では別府市で震度4の揺れを観測しました。
熊本県大分県で今月14日の夜から21日午後5時までに発生した地震では震度7が2回、震度6強が2回、震度6弱が3回、震度5強が3回、震度5弱が7回、震度4が74回と、震度4以上を観測した地震は合わせて
91回に達し、震度1以上の地震は769回に上っています。

約40キロ 地面ずれ動く
熊本県で発生したM7.3の大地震の影響などについて、国土地理院が衛星のデータを基に解析した結果、
北東から南西方向におよそ40キロにわたって地面が食い違うようにずれ動いたことが確認されました。