masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本・南阿蘇村の落ちない「免の石」が落下

きょうの熊本市は、最高気温が26.3度と夏日となりました。
益城で26.3度、南阿蘇で22.4度になりました。
26日午後1時半現在、熊本県の避難者数は計約4万1千人。
死亡した14人が震災関連死の疑いがあるとされ、「車中泊」が原因とみられるエコノミークラス症候群による死者も出ました。
熊本、大分両県では14日夜の震度7以降、26日午後5時までに震度1以上の地震が920回以上起きてます。
昨日あたりから地震回数が減って来てます。
いままで震度1・2の発表がなされてなかったのが、今後発表されるそうです。


ところで、16日未明の地震で、崖の岩と岩の間(中央)にはさまっていた「免の石」が落下してたとのこと。
崖の割れ目にはさまり、宙に浮いたように見える熊本県阿蘇村の奇岩「免(めん)の石」が16日未明の地震の影響で、割れ目から落下したとみられることがわかりました。
落ちそうで落ちない姿にあやかろうと、受験生らが訪れるパワースポットとして人気の観光地でした。
「免の石」は、南外輪山(みなみがいりんざん)にある高さ約40メートルの崖にできた割れ目に、宙に浮いたように挟まった縦3メートル、横2メートル、重さ約5トンの巨石。
南外輪山の岩山が鋭く裂けた場所に留まる石。落ちることを免れた石と言う事で「免の石」と名が付いたとのこと。
「免の石」に行くには民有地を通る為、地元ガイドの案内が必要。
最近、某通信会社のCMに登場し全国的に名が知れるようになったせいか、東京や大阪等県外からの参加者が多い。