masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本・大分 震度1以上の揺れ 950回超える

きょうの熊本市のお天気は、曇り時々雨で冷や冷やした1日でした。
熊本の最高気温は21.5度で、益城で22.3度、南阿蘇で18.8度でした。
熊本地方の地震は、震度3がなくなり、震度1・2でした。
今月14日に発生した震度7地震のあと、熊本県大分県では活発な地震活動が続き、震度1以上の地震の回数はこれまでに950回を超えています。
熊本県では、今月14日に益城町震度7の激しい揺れを観測する地震が発生したあと、今月16日には益城町西原村震度7の揺れを観測する地震が発生しました。
27日も地震が相次いでいて、午後0時30分ごろには熊本県阿蘇市や小国町などで震度3の揺れを観測する地震がありました。
一連の「熊本地震」で、熊本県大分県で震度1以上の揺れを観測した地震の回数は、午後5時までに961回に上っています。
1日当たりの回数は、15日から17日までの3日間がいずれも100回を超え、その後は1日数十回観測されていて、25日は24回、26日は30回、27日は午後5時までに34回となっています。
震度別では、最大震度7が2回、震度6強が2回、震度6弱が3回、震度5強が3回、震度5弱が7回、震度4が77回などとなっています。
ところで、今月16日に熊本県震度7の揺れを観測した地震を受けて、火山の専門家が阿蘇山への影響を解析した結果、地下にあると考えられている「マグマだまり」が西側に引き伸ばされて変形している可能性があることが分かりました。
専門家は「火山活動が活発化する兆候は見られないが、今後の火山活動に注意する必要があるとのことです。
なお、熊本地震により一部区間が不通となっていたJR九州新幹線は、博多(福岡市)発鹿児島中央鹿児島市)行きの列車の運転を再開。九州を縦断する動脈が13日ぶりに全線復旧しました。