masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

きょうもボランティア殺到

きょうも熊本市のお天気は、朝から良く晴れた1日でした。
熊本の最高気温は27.5度で、益城で27.0度、南阿蘇で26.7度で、夏日の暑い日になりました。
最低気温は熊本市で14.1度で、益城で12.5度、南阿蘇で8.3度で寒い朝でした。
さて、きょうの熊本県で震度3の地震が1回だけとなりましたけど、震度1以上の地震の回数はきょうも30回を超えています。
熊本にはきょうも支援先を上回る数のボランティア希望者が殺到し、仕事を割り振れない事態が続いています。
熊本市中央区のボランティアセンターには、受け付け開始前の午前8時半にすでに支援先を上回る750人以上が訪れました。
このため、きょうも全国から駆けつけた多くのボランティア希望者に仕事を割り振れない事態となりました。
連日、ボランティアの受け付けを締め切らなければならない状況についてボランティアセンターは、大型連休に地元を離れている被災者もいるために支援先が少なくなっているのではないかと話しています。
ところで、杉良太郎さんが熊本刑務所を訪問、避難者を激励しました。
歌手で俳優の杉良太郎さんが30日避難所となっている熊本刑務所を訪問し避難者や職員を激励しました。

熊本刑務所は今月14日の地震以降、武道場を避難所として開放し、周辺の住民の避難を受け入れていて、現在もおよそ40人が避難しています。
杉さんは避難所も訪れ避難している人や刑務所の職員などを激励して回りました。
長年にわたって受刑者の慰問や被災地支援に取り組む俳優の杉良太郎さん(71)。
杉さんは「気持ちが弱らないようにして」と被災者に声を掛けました。
熊本刑務所は前震の翌15日から、道場などを開放しています。
刑務所が災害時に避難所になるのは全国初。
ピーク時は約250人が避難し、現在も約50人が身を寄せている。
杉さんは一人一人にあんパンを手渡しながら激励。
サインや写真撮影に気さくに応じ、避難中の中高年女性が歓声を上げた。
杉さんは訪問後、「(自らの過去の支援に対し)世間から『売名だ』と言われ悔しい思いをしたが、今はもう気にしない」と吐露。
芸能人が支援を自重したり、目立たないよう行動する最近の傾向は「残念だ」と言い、「国民全員が売名行為のつもりで乗り出してほしい」と踏み込んだ支援を呼び掛けた。(園田琢磨)
批判ばかりして、何もしない人に、杉さんを批判する資格はありません。
杉さんの福祉活動は45年で、芸能活動は40年です。
なお、一部の熊本市内の23小・中学校が授業を再開しました。
地震の影響で休校していた熊本市内の小中学校のうち23校が、2日、授業を再開しました。
熊本市南区の城南小学校では、先生や保護者が見守る中、子どもたちが集団登校しました。
2日の授業は午前中のみで、避難訓練も行う。熊本県教育委員会によると、2日は城南小学校など熊本県内27の小中学校が再開したが、まだ155校で休校が続いている。
全面的な再開は今月10日以降になる見通しです。