masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

俵山トンネル復旧工事始まる

きょうの熊本市は、午前中は雨が降りましたけど、午後からは曇り空でした。
各地の最高気温は熊本市で27度5分、菊池で27度0分、南小国で25度1分となりました。
また、益城で26度5分、南阿蘇で25度8分となりました。
きょうの一連の地震は、震度1〜2の地震が7回発生し、まだ地震が続いてます。
ところで、熊本地震で、通行できなくなっている、熊本市側と南阿蘇地域を結ぶ県道の俵山トンネルについてことし中を目標に復旧が行われることになり、29日から補修工事が始まりました。

熊本市と高森町を結ぶ県道のバイパスにある、全長およそ2キロの俵山トンネルは、熊本地震で壁が崩落するなどの被害を受け、この前後のおよそ10キロの区間を含めて通行できなくなっています。
このトンネルについて国土交通省九州地方整備局は、ことし中を目標に復旧させる見通しを公表し、29日から補修工事を始めました。


阿蘇地域への迂回(うかい)路には阿蘇市方面へ抜けるミルクロード、南阿蘇村へのグリーンロードがありますが、標高が約700〜千メートルと高く、積雪や凍結による冬期の通行止めが懸念されていました。
また国交省は同日、国道57号の代替路として検討中の北側迂回ルートの素案を示しました。
大津町引水と阿蘇市赤水を終起点とし、南阿蘇村の土砂崩落地を大きく回り込む方針で、今後利用者の意見を求め、来週中にも整備ルートを確定すると言う。
また、バイパス沿いには、観光施設やレストランなどが多数あるほか、地元にとっては通勤や買い物などで利用する重要な道路であることから、早期の復旧を望む声が高まっています。
阿蘇村に住む82歳の男性は「病院や買い物に行くのに、週に3回はトンネルを通っていたので困っている。地震から2か月半がたち『やっと始まった』という思いだ」と話していました。
同じく、南阿蘇村のホテルで働いている75歳の女性は「一日でも早く復旧してほしい」と話していました。
俵山トンネルの通行が再開されると、熊本市の市街地や熊本空港と、南阿蘇地域を結ぶ時間が現在のう回ルートより短縮されるため、復興への弾みにもなると期待されています。