masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

不明91歳、高1が保護 「行き先違う」一緒にバス下車

朝日新聞デジタル 7月15日(金)7時3分配信
北岡大和君
福岡県立稲築志耕館高校(嘉麻市岩崎)1年の北岡大和(ひろと)君(16)が、行方不明になっていた高齢女性(91)を飯塚市内で保護した。
帰宅途中のバスの中で運転手と女性の会話から、女性が行き先が違うバスに乗ったことを知り、一緒に下車。
母親の車で嘉麻市の自宅まで送り届けた。
女性は田川市で行方不明になり、捜索願が出されていた。
私は素直に高1でこんな行動が取れるのは偉いなと思いました。
でも、この問題には、色んな事を言う人がいます。
誘拐犯と間違えられるぞとか、こんなのは警察に通報するか、交番に連れて行くべきだとか。
なかには、運転手はもっと高齢者に配慮して、対処すべきだとか。
ただ、この時点では捜索願が出てるなど、だれも知る由もなく、
素直に彼の行いを賞賛出来ないのでしょうか。
北岡君は7日午後7時ごろ剣道の部活動を終え、バスで飯塚市明星寺の自宅に向かった。
飯塚バスターミナルで乗り換え、一番前の席に座った。
途中で、すぐ後ろの席にいた高齢女性が運転手に「(嘉麻市の)稲築まで行きますか?」と尋ねた。
運転手は行き先が違うと告げ、降車を促したという。
北岡君は「1人では降ろせない」と思い、一緒に下車して母親に連絡。
母親の運転する車で嘉麻市へ向かった。
車をゆっくり走らせながら、自宅の場所を思い出してもらった。
車を降りて探そうとしたところ、女性の自宅を訪ねて来た市職員に偶然会った。
ちょうど自宅の前だった。
その時、女性が行方不明になっていたことを知ったという。
午後9時を回っていた。
嘉麻市によると、女性は同日午後3時ごろ、息子と出かけた田川市美術館で行方が分からなくなり、捜索願が出ていたという。
田川署は19日に北岡君に感謝状を贈る予定だ。
朝日新聞社