masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ライオンが放たれた」熊本地震直後にうそツイート

熊本地震デマツイートで逮捕者は「抑止のための『見せしめ』では」弁護士が指摘してますけど、とんでもない話ですよ。
偽計業務妨害になってますけど、本当に大変だったのは、恐怖を感じた近辺住民の人ではなかったでしょうか。
特にお子さんは二重の恐怖に感じられたことでしょう。
脅迫に等しい卑劣な行為です。
大きな地震の後で、神経がかなり高ぶってるなか、余震が続くし、怖くて避難しようと思ったら、ライオンが逃げたでなく、放たれたと、まるで動植物園が逃がしたという印象です。
それに、わざわざあたかも逃げたようなライオンの写真まで投稿して、いたずらにしてははるかに度を超した犯罪です。
地震のなか、こころが折れてる最中の犯罪は罪を2倍にして欲しいですね。
しかも、神奈川にいて、「うちの近くの動物園から」なんて、よくうそがつけるものですね。
熊本地震の発生直後に「地震で動物園のライオンが逃げた」などと、うその内容をツイッターに投稿し動物園の業務を妨害したとして、神奈川県に住む20歳の男が逮捕されました。
警察によりますと、災害時にデマを流し業務妨害をしたとして逮捕されるのは全国で初めてだということです。
逮捕されたのは、神奈川県に住む会社員、佐藤一輝容疑者(20)です。
警察の調べによりますと、佐藤容疑者はことし4月14日の熊本地震の発生直後に、「地震のせいで、うちの近くの動物園からライオンが放たれた」などと、うその内容をツイッターに投稿し、熊本市動植物園の業務を妨害したとして偽計業務妨害の疑いが持たれています。
警察はサーバーを解析するなどして捜査を進め、20日に佐藤容疑者から事情を聞いていました。
警察によりますと、調べに対し「悪ふざけでやってしまった」と供述し、容疑を認めているということです。
この投稿のあと熊本市動植物園には問い合わせなどの電話が100件を超え、獣舎などの点検がスムーズに行えなかった
ほか、警察にも「ライオンが逃げているので避難できない」といった相談が相次いだということです。
警察によりますと、災害時にデマを流し業務妨害をしたとして容疑者が逮捕されるのは全国で初めてだということです。

「デマ広がり子どもが怖がっていた」
熊本市動植物園の近くに住む40代の女性は「デマが広まった時は子どもたちは顔がひきつり、ライオンが来たらどうするのなどと怖がっていました。こういうデマは、災害時には絶対にやめてほしいです」と話していました。
「うその情報で住民不安 絶対に許されない」
熊本市動植物園の松本充史主査は「地震発生直後に猛獣類が逃げていないか確認はしていましたが、その後問い合わせの電話が殺到し、仕事ができなくなりました」と当時の様子を語りました。
また「地震発生時という混乱時にうその内容を流し住民を不安にさせるという行為は絶対に許されない」と話していました。
熊本市動植物園で飼育していた雄のライオン1頭は地震が続いているため大分県の動物園に一時的に移されて飼育されているということです。