masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

くまモン、フル回転 出演要請が倍増

28日の県内は、熊本市で35度7分の猛暑日となるなど、各地でことし一番の暑さとなりました。
日中の最高気温は熊本市で35度7分、甲佐町で35度3分の猛暑日となったほか、玉名市で34度8分を観測するなど、県内にある19の観測点のうち6つの地点でことし一番の暑さとなったほか、ほとんどの地点で30度以上の真夏日となりました。
NHKが各地の消防に取材したところ、28日午後5時現在で、熊本市宇城市など9の市と町であわせて10人が熱中症の疑いで病院に運ばれたということです。
このうち山鹿市の80代の女性が重症だということです。
一連の地震で、きょうは震度1が1回発生しました。
熊本県産品のPRイベントに訪れた人と触れ合うくまモン=今月7日、東京・有楽町


熊本県の人気キャラクターくまモン熊本地震後、引っ張りだこだ。
テレビやイベントへの出演要請は地震前から倍増し、1日で10件以上こなすこともある。
特に増えたのは、被災地支援を呼び掛ける九州内外のイベント。復興へ、くまモンのフル回転が続く。
【画像】くまモンが職場に復帰 ファン大喜び、涙流す人も
東京のJR有楽町駅前。
強い日差しが照りつけた7月上旬、熊本特産の干ししいたけをPRするイベントにくまモンが登場すると、歓声が上がった。
ハイタッチをしたり、写真撮影に応じたり、くまモンは訪れた人を喜ばせ、20分ほどで別のイベントへ向かった。
「スケジュールがいっぱいなんです」。熊本県東京事務所の田原豪さんの笑顔に汗がしたたる。
熊本県によると、地震前の出演回数は九州だけで月に約130件。
地震後は、県産品のチャリティー販売や復興支援を呼び掛けるイベントが増加。
東京ドームのコンサートから熊本の夏祭りまで、規模も内容もさまざま。
九州だけで月150件に上る。
もっと要請に応えたいけれど、担当職員は「さすがのくまモン熱中症の心配があるので、もう限界。お断りするのが心苦しい」。
くまモンのイラストの利用申請も急増。
6月は地震前の3倍に相当する300件に達した。


人気なのは、くまモンが「FOR KUMAMOTO(熊本のために)」と記したハートマークを抱いたイラスト。
県産品の包装や募金箱などに使われている。

=2016/07/27 西日本新聞