masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本地震から4か月

さて、一連の熊本地震で、最初に震度7を観測した地震からきょうで4か月になります。
被災地では今も1700人を超える人が、避難所での生活を余儀なくされるなど、依然として住まいの確保や生活の再建が大きな課題となっています。
熊本県などによりますと、一連の熊本地震では、震度7の揺れを2回観測した益城町をはじめ県内の9つの市町村で、災害関連死と認定された17人などを含むあわせて72人が死亡しました。
一方、熊本県内の住宅の被害は13日の時点で16万3000棟あまり確認され、このうち全壊と半壊はあわせて3万6000棟あまりに上っています。
建物の被害を受けた16の市町村では、仮設住宅の建設を計画し、13日までに4049戸着工していますが、完成したのは3111戸で、2割あまりで今も建設が続けられています。
このため、13日の時点で1752人が避難所での生活を余儀なくされるなど、依然として住まいの確保や生活の再建が大きな課題となっています。