masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

八代で「焼き鮎」作り

きょうは、熊本市は曇り時々雨で、とても蒸し暑かったですね。
各地の最高気温は熊本市で28度5分、菊池で27度8分、人吉で32度0分、水俣で32度1分、八代で30度6分となりました。
また、益城で28度2分、南阿蘇で27度3分となりました。
あさは24度9分、湿度100%と、とても9月とは思われません。
一連の地震で、きょうは震度1が1回発生しました。
ところで、八代で「焼き鮎」作りが行われてます。
値段が高いのですけど、とてもおいしいです。

球磨川や川辺川で獲れた20センチから30センチの鮎を炭火で約2時間じっくりあぶった後、2日間乾燥釜に入れられる。
県南では正月用の雑煮のだしに使うところも多く、焼き鮎作りは秋の風物詩となっている。
今年の鮎は台風などの影響で、例年より量が少ないという。
焼き鮎作りは10月いっぱい行われ、主に関東や関西方面に送られる。
[ 9/28 14:20 熊本県民テレビ

球磨川産の天然アユを炭火でじっくりと焼き乾かす、伝統の保存食「焼きアユ」作りが、八代市萩原町のアユ問屋・頼藤商店で始まった。
八代地方に初秋の訪れを告げる風物詩で、店先にはアユ独特の香ばしいにおいが漂った。
焼きアユは産卵直前の脂肪分が少ないアユを使う。
内臓を取り出して炭火で約1時間半かけて串焼きにし、乾燥窯で2日間乾燥させる。
雑煮や吸い物のだし、甘露煮などに重宝される高級食材だ。
同店では10月末までに約3千匹を仕上げ、6、7匹入りで大6300円、小4200円で販売。
関東や関西にも出荷する。


鮎の美味しい季節がやってきましたね!まだ食べてことのない方は、ぜひご賞味あれ☆
SL人吉・駅弁旅
肥薩線で、ここは駅弁を片手に車窓を見ながら旅情に浸れる全国屈指のスポット。