masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

爆発的噴火から一夜あけて

きょうは、熊本市は晴れ時々曇りで、朝は19度と冷えました。
各地の最高気温は熊本市で26度4分、菊池で25度4分、人吉で24度7分、水俣で24度4分、八代で25度1分となりました。
また、益城で25度0分、南阿蘇で23度0分となりました。
昨日より5度下がり、平年の気温になりましたけど、気温の変動に
ついていけませんね。
一連の地震で、きょうは震度1が1回発生しました。
ところで、きのう36年ぶりに爆発的な噴火をした熊本県阿蘇中岳ですが、一夜明けたきょうは登山道の通行止めも解除され、観光客の姿もみられました。
今朝の阿蘇中岳は穏やかな表情を見せています。
午前7時にはきのう通行止めとなった登山道の規制が解除され、火口からおよそ3キロ離れた草千里までは通行できるようになりました。


こうした中、熊本県の蒲島知事が阿蘇市を視察に訪れ、被害の状況などを確認しました。
きのうの噴火では大量の火山灰が降りビニールハウスや葉物野菜などへの被害が確認されています。
また、阿蘇地域にある旅館などの宿泊施設にはキャンセルが相次いでいて観光業への影響も懸念されています。
蒲島郁夫熊本県知事は「私もずっと回ってきましたが(内牧にある)ホテルや旅館街はほとんど被害がなかったと思っていますので、全国の皆さんにはぜひ心配しないで阿蘇に来ていただきたい」
熊本地震から半年、回復方向に進んでいた阿蘇地域の観光業にとって今回の噴火はさらなる試練となりそうです。