masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ファーストクイーン収穫 八代市(熊本県)

八代の新しい特産品として期待されているバンペイユの仲間・「ファーストクイーン」の収穫が八代市で始まってます。
ファーストクイーン」は、アメリカで品種改良されたかんきつ類で、八代市の8軒の農家が栽培を続けている。
このうち佐竹勝則さんの6アールのビニールハウスでは今月初めから収穫が始まっている。
ファーストクイーンはバンペイユに比べると実の大きさは小ぶりだが、それでも重さは1キロから1点5キロほどある。


赤い果肉で酸味が少なくさっぱりとした甘さが特徴だ。
今年は、8月の気温が高く9月は雨が多かったことから甘みが強く上々の出来だという。
収穫は、ハウスものが今月いっぱい、路地ものは来年1月まで続く。
[ 10/13 12:07熊本県民テレビ]