masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

酒気帯び運転追突事故 熊本市職員が懲戒免職

相も変わらず、公務員の不祥事は無くならないですね。
平日深夜まで飲酒して、次の朝飲酒運転とはあきれるばかりです。
もし、事故を起こさず、ばれなかったら、酒気帯びで勤務するわけですね。
遅くまで飲みたければ、休日の前の日にすれば良いのに。
旦那さんやお子さんはおられたのですかね。これからの人生が大変です。
普通、市は名前まで発表してなかったのに、よほど腹に据えかねたのでしょう。
でも、3次会まで参加するとは、やはり公務員はお金持ちですね。
熊本市は車で出勤途中、追突事故を起こし酒気帯び運転の疑いで検挙された経済観光局産業部産業振興課の小川友里枝主任主事(33)を21日付で懲戒免職処分としました。
熊本市によりますと、小川主任主事は6月30日午前8時すぎに車で出勤途中、中央区萩原町の県道で渋滞で止まっていた軽自動車に追突。
駆けつけた警察が小川主任主事の呼気を調べたところ、基準値を超える0・16ミリグラムのアルコールが検出されたため酒気帯び運転の疑いで検挙しました。
小川主任主事は前日の夕方から懇親会の3次会まで参加してビールや日本酒、焼酎など計10杯程度飲んで、午前2時ごろ帰宅したということです。
熊本市ではこの追突事故の直前にも酒気帯び運転の疑いで検挙された職員が懲戒免職となっていて、市では全職員に文書で注意を呼び掛けていました。