masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

恋しくば たずね来てみよ和泉なる・・・・切ない物語

小説を読んでいて「恋しくば たずね来てみよ・・・・」という文章を見て、正直、最初私には意味がわかりませんでした。
まだ全然、読み込みが足りませんね。
 葛の葉神社蔵


昔、村上天皇(10世紀)のとき、摂津の国に安倍保名(あべのやすな)という人がすんでいました。
ある日、信太大明神に参詣し、みそぎをしようと池のほとりにたっていると、
狩人に追われ傷ついた狐が逃げてきました。
保名は、狐をかくまい逃がしたやりました。
追ってきた狩人たちは、保名をさんざん責め、深い傷を負わせてしまいました。
傷で苦しんでいる保名のもとへ、若い女がたずねて来ました。
女の名は、葛の葉といい、かいがいしく保名の傷の手当をしました
やがて、保名の傷も治り、二人がともに暮らすうち、かわいい童子も誕生ししあわせな日々がすぎていきました。
六年目のある秋の日、葛の葉は、庭に咲く美しい菊に心をうばわれ、自分が狐であることをつい忘れ、うっかり 正体のしっぽをだしていました。
童子にその正体を見つけられた葛の葉は、ともに暮らすのもこれまでと、
 恋しくば たずね来てみよ和泉なる
             信太の森のうらみ葛の葉
の一首を残して信太の森へと去っていきました。
保名と童子は、母を求めて信太の森を探し歩きました。
森の奥深くまできたとき、保名がふと振り向くと、一匹 の狐が涙を流してじっと二人を見つめていました。
はっと気がついた保名は、「その姿では子どもが怖がる、もとの葛の葉なっておくれ。」 
保名の声に、狐は傍らの池に自分の姿を映したかと思うとたちまち葛の葉の姿となりました。
「わたしは、この森に住む白狐です、危ない命を助けられたやさしさにひかれ、今まで、お仕えさせていただきました。
ひとたび狐にもどった以上、もはや、人間の世界にはもどれません。」と、とりすがる童子を諭しながら、形見に白い玉と箱を与え、最後の別れをおしみつつ、ふたたび狐の姿となつて森の奥へと消えていきました。   
この童子こそ、やがて、成人し陰陽道の始祖・天文博士に任じられた安倍晴明(あべのせいめい)だと語られています。