masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

続く野菜の高騰

野菜の値段がなかなか下がりませんね。
地震にはじまり台風、長雨と様々な災害の影響で跳ね上がった野菜の値段。
まだしばらくは高い状態が続きそうです。
全国から毎日700トン?800トンもの野菜や果物が入荷する熊本市西区にある通称・田崎市場。
威勢の良い掛け声が飛び交い新鮮な野菜が次々と競り落とされていました。
しかし、その価格は高騰。関係者も異常だと口を揃えます。
相次ぐ台風や長雨の影響などで収量が落ち、去年と同じ時期と比べ全体で価格が5割ほど高くなっているといいます。
市場に並ぶトマトもサイズの大きい2LやLの商品が少なく小玉のMやSサイズが中心となっています。
特に葉物野菜の価格の上昇が目立ちレタスやハクサイ、ネギや小松菜は2倍を超える価格に。
キャベツも8割高など価格が高騰しているということです。
熊本市内のスーパーでも。スーパーストアダイノブ萩原店では、野菜全体の価格は平均して例年の2割増し。
そのためこの時期需要が高まるはずの鍋の具材などが例年の8割程度しか売れていません。
店側も少しでも多くの人に食材を手にとってもらえるよう工夫も。
2分の1や4分の1サイズなどカットした商品を充実。
白菜は、まるごと1つでは売らず、カット商品のみを販売しています。
メーカーとの年契約で価格が決まる冷凍野菜。
天災などに価格が左右されないため買い求める人が多い。