masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

きょうは立冬

立冬の7日、今シーズン1番の冷え込みとなった北海道東部の鶴居村では国の特別天然記念物のタンチョウの群れが餌を求めて収穫を終えた畑などに姿を現しました。
タンチョウの主な生息地になっている北海道東部の鶴居村は、7日朝の最低気温が12月上旬並みの氷点下7度9分と、今シーズン1番の冷え込みとなりました。
近くの川辺では、羽を休めていたおよそ50羽のタンチョウが日の出とともに大きな白い羽を広げ、鳴き声を響かせながら飛び立つ姿が見られました。
そして、人里近くの収穫が終わった畑に降り立つと、落ちているトウモロコシの実を見つけては長いくちばしで器用についばんでいました。
タンチョウはふだん湿原にいる小魚や昆虫などを捕まえますが、冬場はこうした餌が少なくなるため、人里に現れるようになるということです。
熊本県内は、阿蘇市乙姫では最低気温が3度5分となり、南阿蘇村で4度8分、南小国町で3度1分、菊池市で9度7分、熊本市で10度5分などとなりました。
きょうの熊本市は、1日中良く晴れて、洗濯日よりでした。
各地の最高気温は熊本市で21度1分、菊池で21度1分、人吉で22度1分、水俣で19度8分、八代で20度5分となりました。
また、益城で20度4分、南阿蘇で20度3分となりました。
なお、牛深で21度7分となりました。
きょうは、一連の熊本地震で、震度2が1回発生しました。