masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

最初の震度7から7か月

一連の熊本地震で最初に震度7を観測した地震から14日で7か月となります。
最大で850あまりあった避難所は1か所まで減り、14日ですべての仮設住宅が完成する一方で、半壊以上と認定された建物を自治体が解体・撤去する「公費解体」の進ちょく状況が20%程度にとどまるなど、生活の再建が課題となっています。

熊本県によりますと、一連の熊本地震では、震度7の揺れを2回観測した益城町をはじめ、県内の14の市町村で、災害関連死と認定された81人などを含むあわせて137人が死亡しました。
最大で855か所あった県内の避難所は、西原村の1か所まで減ったほか、16の市町村で4303戸を計画している仮設住宅は98%あまりが完成し、残りの48戸も14日完成する予定です。
熊本県内で被害を受けた住宅は17万棟を超え、このうち半壊以上が4万棟近くにのぼっています。
熊本県によりますと、半壊以上と認定された建物を自治体が解体・撤去する「公費解体」の進ちょく状況は、先月末の時点で20%程度にとどまっていて、被災した人からは将来の計画を立てられないとして迅速化を求める声があがっています。
また、大規模な土砂崩れが起きた南阿蘇村と御船町の、あわせておよそ500世帯で断水が続いているほか、道路が復旧していない地域もあり、引き続き生活の再建が課題となっています。