masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

謹賀新年

あけましておめでとうございます。


昨年は熊本地震の影響で、大変な生活をされてる人がたくさんいらしゃいます。
地震以外にも大雨や阿蘇山噴火で、特に農家の人はダブルパンチでした。
今年は穏やかな年になりますように。
今朝も県下、阿蘇地方は氷点下の寒い朝になりました。

厚く凍りついた草千里ケ浜の“池”(後方に中岳の噴煙が見える)
標高1100メートルを超える阿蘇山上の草千里ケ浜では、池状になった広い水たまりが全面氷結しました。
国道57号から山上に通じる登山道路(阿蘇吉田線)は現在、震災を受けて通行できるのは午前7時半からです。
お昼は良く晴れまして、気温が上がりました。
県下の最低気温は南阿蘇村で氷点下3度7分、阿蘇市乙姫で氷点下4度9分、南小国町で氷点下3度2分、菊池市で氷点下2度2分、人吉で氷点下0度1分、熊本市で0度6分でした。
各地の最高気温は熊本市で13度6分、菊池で13度1分、人吉で12度9分、水俣で12度8分、八代で13度6分となりました。
また、益城で12度4分、南阿蘇で12度7分となりました。
なお、牛深で14度1分となりました。
きょうは、一連の熊本地震で、震度1が1回発生しました。
ところで、新年を迎えたきょう、熊本城は復興を願う多くの人でにぎわいました。
熊本城では例年、天守閣や天守前広場が初日の出の名所でしたが、今年は地震の影響で立ち入りが規制されているため、二の丸広場に多くの人が集まりました。
午前7時半すぎに朝日が昇ると訪れた人たちは手を合わせたりその瞬間を撮影したりしていました。
【初日の出を拝んだ人】「すごく最高です。絶対に復興するので、私たちもいい年に。熊本城もいい年に」
「とてもきれいで良かった。いつも天守前広場で見ているので、入れないのは残念ですけど、でもいつもよりきれいに見えます。」
熊本城内にある加藤神社も朝から初詣の人たちでにぎわいました。
【初詣の家族】「地震で家が全壊したが、みんな生きていたので家族全員健康で、元気に暮らせますようにって。あとお礼を言っておきました、守っていただいてありがとうございますと。」
一方、標高936メートルにある阿蘇市大観峰でも、多くの人が訪れるなか、初日の出が見られました。
眼下には冬の時期にはあまり見られない雲海も広がり、訪れた家族連れなどが、幸先良い1年の始まりを楽しんでいました。
【訪れた人】「こういう景色はどこにもないから阿蘇っていうのはほんと素晴らしいですよ早く復興が進むといいです、祈ってます」