masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

NHKガッテン!ピーナッツパワー解放ワザ

番組概要
アメリカ・ハーバード大学が30年間にわたって12万人の食生活を調べた結果、血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材として浮かび上がったのが、ピーナッツだった!
番組詳細
実は、ピーナッツに含まれる油は、コレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したり、驚くほどのスーパーパワーをもっている。ミネラルやタンパク質も多く、最強の健康食として世界が注目をしはじめた。
そこで、ピーナッツの健康パワーとおいしさをフル活用するためのワザを徹底研究!
市販のピーナッツにひと手間を加えるだけで、「最強のおつまみ」や「万能コク出し調味料」に変身!食卓で大活躍間違いなし!
2017年1月11日(水) 19:30?20:15から、ガッテンでは、血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材として浮かび上がったのが、ピーナッツだったと紹介されました。
ピーナッツを食べれば死ぬ確率が2割減ると言うことです。
ピーナッツは普段でも手軽に食べれますよね。
【ゲスト】笑福亭笑瓶島崎和歌子山根千佳,日本料理店主人…野崎洋光,
【司会】立川志の輔小野文惠,の皆さんで番組がススメられます。
血管を強くするのは、健康にとって大切な事ですね。血管と食生活を研究していたアメリカのハーバード大学が研究結果を発表しました。
ピーナッツの不思議な生態について地中で育つのはピーナッツだけなんです。
マメ科の植物には子房柄というものがありますが、地中に伸びるのはピーナッツだけなんです。
落花生は1日で萎んでしまう花なんだそうです。
ピーナッツはどれぐらい食べれば良いのでしょうか?
1日20粒で良いそうです。
カロリーにしたら150kカロリーなので食べ過ぎは要注意です。
テレビでは、肉や炭水化物を少なくしてカロリー調整をすると良いと言ってました。
手軽に食べられる様に食卓に置いておけば良いですね。
ピーナッツを美味しく食べるには?
ピーナッツを炒めると香りが出て来ます。ピーナッツには300種類の香り成分があります。
ピーナツが血管を強くする
アメリカのハーバード大学が30年間にわたって12万人の食生活を調べたたそうです。
研究で分かったことは、血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材として浮かび上がったのが、ピーナッツだったのです。
ピーナッツに含まれる油は、コレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したり、糖尿病の予防になります。
ピーナッツは驚くほどのスーパーパワーをもっているんです。
コレステロール値が上がると様々な病気を引き起こします。
健康を維持するためのもコレステロール値を下げる必要がありますね。

ピーナッツの油の詳しい内容を説明していきますね。
ピーナッツに含まれている油とは?
ピーナッツは地中に潜るのには理由があります。
空中にあるよりは地中の中の方が安全だからなんです。
地中のミネラルがピーナッツの中に入りデンプンを油に変えてくれています。その油に変えてくれます。

ピーナッツの油は不飽和脂肪酸の一種のオレイン酸が含まれています。
その他にリノール酸・パルミチン酸・αリノール酸が含まれています。
不飽和脂肪酸オレイン酸リノール酸が含まれています。
不飽和脂肪酸・・・血液サラサラ効果
オレイン酸・・・・・悪玉コレステロールを減らす
リノール酸・パルミチン酸・αリノール酸・・・・・・血管を作ったり、強くしたりする効果がある。
ピーナッツは心筋梗塞脳出血を防げるので大きな健康食品になるのです。
上手に摂取すれば血管を強くしてくれますね。
リノール酸コレステロール値を下がる効果があるのですがなぜコレステロール値が重要なのか説明していきますね。
コレステロール値を下げるとなぜ健康になるのでしょうか?
コレステロールは脂質の一種で、細胞膜の重要な材料のほか、ホルモンや胆汁の原料としての役割も担っています。
健康診断で「コレステロールが高い」といわれるのは血液中のコレステロールのことで、濃度が高いと血管の内側に脂質がたまって動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳の病気の脳卒中のリスクが高まると言われています。
脳卒中の中でも日本人に最も多い病気が血管が詰まって起こる命に関わる脳梗塞が怖いですね。
ピーナッツを食べればコレステロール値が下がるんですね。これは絶対に食べたいですね。
コレステロール値を下げるだけでなく違う効果もありますね。