masami71の日記

熊本市在住の67歳の年金暮らしです

完成間近新天門橋 橋げたを架設(熊本県)

宇城市三角町と上天草市大矢野町を結ぶ新しい天草1号橋・「新天門橋」で、3月の開通を目前に、橋げたを取り付ける大掛かりな工事が行われた。
工事は、周辺の海域での大型船の航行を規制して行われた。
取り付けられたのは長さが50メートル、重さ250トンもある橋げたの一部。
船で橋の下まで運び、クレーンで慎重に吊り上げる。
新天門橋は現在の天草1号橋のすぐ北側に架けられるアーチ橋で、全長463mに及ぶ。
熊本市から天草市本渡町までを1時間半で結ぶ熊本天草幹線道路のの一部だ。
工事が始まったのは2013年。熊本県がおよそ80億円をかけ建設している。
今後、残りの橋げたを取り付け、ことし3月末に完成する予定。
[ 1/19 19:14 熊本県民テレビ

天草五橋は1966年に完成し、2016年で開通50週年を迎えた、九州本土と天草諸島を結ぶルート上に架かる5つの橋の総称をいう。
熊本県宇城市三角町から天草方面に向かうと、まず大矢野島(おおやのじま)に渡ることになる。
そこに架かる1号橋が「天門橋」。502mと、五橋のなかでは最も長い橋長の連続トラス構造の橋だ。
ここから、国道266号沿いを走り、大矢野島から上島に渡ることになるが、残りの4つの橋は大矢野島の出口から上島に渡るまでの間に密集している。
この周辺は真珠の養殖が盛んであることから、国道266号に“天草パールライン”と名付けられている。
天門橋の隣には「新天門橋」が建設中。
こちらは熊本都市圏と県内の主要都市を90分で移動可能とする「熊本天草幹線道路」プロジェクトの一部として利用される予定。
完成すれば、ソリッドリブ形式のアーチ橋としては国内最大の橋梁になるとのこと。
取材時は、両岸からアーチが伸びている途中だったが、工事途中の貴重な風景といえる。