masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

オス熊の子グマ殺し

NHKスペシャル「森の王者 ツキノワグマ〜母と子の知られざる物語〜」
2/1 (水) 0:10 〜 1:00 (50分) この時間帯の番組表 NHK総合・熊本(Ch.1)
番組概要
森の奥で暮らすツキノワグマ、未知の生態が明らかに。
冬眠の巣穴から幼い子グマを連れて出てくる母グマや、
授乳する姿など貴重な映像が続々。密着28年のカメラマンが迫る
番組詳細
森の王者ツキノワグマ。警戒心が強く鬱蒼(そう)とした森の奥深くで暮らしているため、生態はほとんど知られていなかった。
動物カメラマン横田博さんは28年に渡りクマの撮影を行ってきた。
1000時間を超える映像には、春、冬眠の巣穴から生まれてまもない子グマをつれて出てくる母グマの姿や、2頭の子グマに同時に授乳する微笑ましい姿などがある。
さらにオスの“子殺し”という研究者さえ見ていなかった驚きの生態を捉えた

【出演】動物カメラマン…横田博,【語り】八嶋智人

メスの親熊はわが子を一所懸命に子育てしてたのに、オス熊がやってきてわが子を殺されるとは、残酷な自然界のきびしさを見せつけられた感じです。
全くオス熊の身勝手に思うのですけど、強い子孫を残すための行動なのか、それとも、個体数を調整するように神が仕込んだDNAでしょうか。
子育てで授乳しているメスのツキノワグマは発情しない。
自分の子孫を残したいオス熊が、子育て中の母熊との交尾を果たすために、育てている子熊たちを殺してしまう。
その行動がクマの子殺し。
NHKスペシャルの中、長年ツキノワグマの生態をカメラに収め続けていた横田さんが注目していた、1頭のメス熊についてみただけでも、3回の子育て中、2度は子供を失ってしまった。
母熊は子を守ろうと必死に抵抗するも、大きくて強いオス熊にはとても歯が立たない。

安蘇沢という熊銀座と呼ばれる谷がある。
垂直に近い断崖絶壁に熊がいるので、熊が丸見え、それを向かいの山から横田さんが、気付かれずにビデオカメラで撮影する。
この場所だからこそ撮影できた場所だった。
それにしても、クマが急な崖をいともたやすく移動して暮らしている過酷な場所。
木の上でも簡単に登ることができる。
もっとも食べ物の90%は植物だそうです。
1000時間を超す映像には、春、冬眠の巣穴から、生まれてしばらくの子グマをつれて出てくる母グマの姿や、座り込んで二頭の子グマに同時に授乳する微笑ましい姿など、これまで撮影されたことがない子育ての一部始終がとらえられている。
また落石に巻き込まれて崖を転げ落ちた子グマが九死に一生を得るたくましさを見せる瞬間も見られました。