masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

天草市でアオサの収穫始まる


きょうは、熊本市は午前中はやや強い雨が降り、冬には珍しく30ミリを超えました。
お昼から曇りになりました。
朝は昨日より暖かく感じましたけど、お昼は気温の割には寒く感じました。
県下の最低気温は南阿蘇村で7度1分、阿蘇市乙姫で4度8分、益城で7度3分、南小国町で5度0分、菊池市で7度5分、人吉で6度1分、熊本市で8度4分でした。
久しぶりに窓ガラスとドアが結露してませんでした。
各地の最高気温は熊本市で13度9分、菊池で12度7分、人吉で13度7分、水俣で14度8分、八代で16度2分となりました。
また、益城で13度8分、南阿蘇で13度2分となりました。
なお、牛深で17度3分となりました。
きょうは、一連の熊本地震で、震度1が1回発生しました。


ところで、海に張った網で養殖されたアオサの収穫が、天草市で始まりました。
アオサは海藻の一種で、すまし汁やかき揚げなどにして食べます。
天草市新和町では海岸のくいに張られた網で養殖が行われていて、目の粗い網には緑色のアオサがいっぱいについて、収穫の時期を迎えました。
松岡邦安さんの養殖場では長さ18メートル、幅1点5メートルの網を機械で巻き上げ、5センチほどに伸びたアオサを収穫していました。
今年は水温が高かかったため生育が遅れ、去年より2週間遅れの収穫となったが、色つや、香り、風味は良いという。


かき揚げ」や「吸い物」にして食べると美味しいというアオサ。
収穫されたアオサは、乾燥させたあと、出荷されます。
松岡さんは「きれいな海で育てているので、自信をもってお勧めできます」と話していました。
収穫を終えた網は、再び海に張ると、半月ほどでアオサが成長して5月ごろまで繰り返し収穫できるということです。 主に三重県に出荷されるという。
[ 2/3 19:54 熊本県民テレビ]