masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

西日本の日本海側で大雪 除雪中事故

2月11日 18時56分
強い冬型の気圧配置の影響で鳥取市で積雪が平年のおよそ10倍に達するなど西日本の日本海側を中心に大雪となっています。
積雪は、12日にかけてさらに増える見込みで、気象庁は交通への影響や除雪作業中の事故倒木や建物の倒壊などに厳重に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、上空に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まっている影響で、中国地方や近畿の日本海側を中心に大雪となっています。
鳥取市では昼すぎに積雪が91センチと昭和59年以来33年ぶりに90センチ以上を観測し、午後6時現在も平年のおよそ10倍の86センチとなっています。



また鳥取県倉吉市でも2月としては統計を取り始めてから最も多い61センチの積雪を観測し、午後6時現在も60センチとなっています。
このほか午後6時の積雪は兵庫県豊岡市で平年の4倍の75センチ、福井県敦賀市でも平年の4倍の57センチ、京都府舞鶴市で平年の6倍の45センチ、松江市で20センチなどとなっています。
この冬一番の強い寒気が流れ込でいる影響で、県内では11日も断続的に雪が降っていますが大雪のおそれはなくなりました。


午前10時現在の積雪は南阿蘇村で2センチとなっています。
九州北部地方では冬型の気圧配置が続いていますが寒気のピークは過ぎ、県内で大雪のおそれはなくなりました。
積雪や凍結の影響で午前10時現在、西原村と南阿蘇村を結ぶグリーンロードなど7路線の8カ所で通行止めになっているほか、山沿いを中心に126カ所でチェーンが必要となっています。
熊本地方気象台によりますと、この冬一番の寒気の流れ込みと、強い冬型の気圧配置の影響で、県内は、昼前にかけて山沿いを中心に断続的に雪が降り、午前9時には南阿蘇村で2センチの積雪を観測しました。
11日は日中、気温が上がらず、最高気温は、阿蘇山で氷点下5度4分、高森町で0度6分、熊本市で6度7分などと、各地で平年を4度から8度ほど下回りました。

きょうの熊本市は、ほとんど曇り空で一時晴れました
県下の最低気温は南阿蘇村で氷点下2度7分、阿蘇市乙姫で氷点下4度5分、益城で氷点下2度7分、南小国町氷点下5度7分、菊池市で氷点下2度3分、人吉で氷点下0度4分、熊本市で0度1分でした。
きょうも窓ガラスとドアが結露しました。
各地の最高気温は熊本市で6度7分、菊池で6度2分、人吉62度3分、水俣で6度9分、八代で7度3分となりました。
また、益城で6度0分、南阿蘇で2度6分となりました。
なお、牛深で7度5分となりました。
きょうは、一連の熊本地震で、震度2が1回、震度1が2回発生しました。