masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

桜の開花 平年並みの予想

ことし最初の桜の開花予想が発表され、熊本市ソメイヨシノの開花は、平年並みの来月24日ごろと予想されています。
日本気象協会が今月8日に発表したことし1回目のサクラの開花予想によりますと、熊本市では来月24日頃に開花する見込みで、平年より1日、去年より2日遅くなるものの、ほぼ平年並みになるということです。
この理由について、日本気象協会は、去年の12月は全国的に気温が高い日が続いたものの、ことしに入り強い寒気の影響で冷え込みが強まり、花となる芽が目覚めるのが順調に進んでいるためだとしています。
また、サクラの開花直前の来月は、気温が平年並みの暖かさで推移すると予想されていることからもほぼ平年並みの開花となるのではないかということです。
ところで、きょうの熊本市は、朝から一日中良く晴れました。
良く晴れて、けさも放射冷却のため、牛深と三角を除いて氷点下の朝となりました。
県下の最低気温はあさぎり町で氷点下5度5分、南阿蘇村で氷点下5度2分、阿蘇市乙姫で氷点下6度3分、益城で氷点下3度4分、南小国町氷点下5度1分、菊池市で氷点下3度7分、人吉で氷点下3度6分、熊本市で氷点下0度9分でした。
お昼は良く晴れまして、南風で気温が上がりました。
各地の最高気温は熊本市で17度5分、菊池で17度3分、人吉で17度4分、水俣18度1分、八代で17度7分となりました。
また、南小国で15度3分、阿蘇市乙姫で13度3分、益城で17度0分、南阿蘇で14度8分となりました。
なお、牛深で17度0分となりました。
きょうは、一連の熊本地震で、震度1が1回発生しました。