masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

くまモン 去年1年間でおよそ1280億円に上り

熊本県のPRキャラクター「くまモン」を利用した商品の売上高が2015年に初の1000億円を突破した。
県が実施したくまモン利用商品 を扱う業者へのアンケート調査で分かった。
それによると、売上高は前年から56.6%増の1007億7800万円で過去最高を更新した。

品目別では、くまモンをパッケージに使った農産物やお菓子などの食品が68.7%増の835億500万円で、ぬいぐるみやキーホルダーといったグッズなどは16.5%増の172億7300万円だった。
売上把握しているのは7割ほどこれまでの売り上げは、調査を始めた2011年に25億5600万円だったのが、2012年には293億6000万円、2013年は
449億4500万円、2014年に643億2200万円と右肩上がりに増え、2015年にはとうとう1000億円の大台乗せ。
この5年間での累計売上高は2419億円超を記録した。
増える一方の売り上げだが、2015年の急伸に寄与したのが食品関係の売り上げ増だった。
特に「JAの農産物に利用が広がった影響が大きい」(県関係者)といい、JA分に限れば前年の約3倍(202%増)の487億8700万円だった。
また、2014年6月からは海外販売も解禁。
2015年に初めて通年での集計が可能となり、台湾や香港、タイなどで21億400万円を売り上げたことが分かった。
調査はくまモン利用商品を扱う5160業者が対象で3830業者から回答があった。
ただ、回答率は74.2%で、「販売額未整理などで回答がなかった業者もあり、実際の売上高はさらに増える」(同)とみられる。