masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

阿蘇で火文字焼き

野焼きとともに阿蘇に春の訪れを告げるといわれる『火文字焼き』が18日夜、阿蘇市でありました。
熊本県阿蘇市黒川の本塚(標高573メートル)で18日夜、「阿蘇火文字焼き」があり、90メートル四方の「火」の文字が、野焼きが終わった黒い山肌に浮かび上がった。


市民でつくる実行委員会が2年前から実施。
多くのボランティアがオイル缶を並べる準備や当日の作業に集まった。
同市の内牧小6年の児童7人も点火に参加。
野口桃花さん(12)は炎で出来上がった文字を見て、「すごい。卒業の記念になりました」と話した。
今年の火文字は熊本地震による被災地支援への感謝と地域の復興を願って行われました。
昨夜は陽が落ちた午後6時過ぎから点火、たいまつを持った実行委員会のメンバーや
地元の子供たちがてんぷら油などの入った縦横90メートルに並べられた120個の缶に火をつけていきました。
そして完全に陽が暮れると炎で作られた『火』の文字が浮かび上がり、訪れた見物客たちは阿蘇の夜空を赤く照らす炎の祭典を楽しんでいました。