masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本城復旧支える「なかまたち」

『熊本城のなかまたち』誕生イベント
傷ついた熊本城の復興を全国に発信するあらたなキャラクターの誕生です。
被災した熊本城の櫓などをモチーフにした『熊本城のなかまたち』、城の修復が進むにつれて進化するという5つのキャラクターがお披露目されました。


『奇跡の一本石垣』で 踏ん張り続ける飯田丸五階櫓は松葉杖をついた姿の『いいだ丸』。
絆創膏(ばんそうこう)姿が痛々しい『なが兵衛』は倒れてしまった長塀がモチーフです。
3連休の最終日、多くの観光客で賑わう城彩苑でお披露目された5つのキャラクター『熊本城のなかまたち』は被災した熊本城の建物を擬人化し、復興を全国に発信しようと誕生しました。
その特徴は、今後、修復が進むにつれてキャラクターたちの傷ついた姿が変わっていくという『進化系のキャラクター』ということ。


復興本部長のひごまるやTKUのテレくま君を生み出した熊本市イラストレーター村井けんたろうさんがデザインしました。
キャラクターの運営委員会では今後、商品パッケージなどへの利用企業を募集。
利用料金の一部を熊本城復旧のために寄付することにしていて20日は早速車体に5つのキャラクターが飾られたラッピングタクシーも展示されていました。