masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本西環状道路が一部区間で開通

(RKKニュース)
熊本市の西部を走る熊本西環状道路の一部区間が26日開通しました。
熊本西環状道路は北区の下硯川町と南区砂原町を結ぶ全長約12キロの自動車専用道です。
でも、開通式典には、入札をして業者を決めなければなりません。
やはり、このような式典は必要なのでしょうか。


1999年から工事が進められ、26日北区の下硯川インターチェンジから西区の花園インターチェンジまでのおよそ4キロの区間が開通しました。
今回の開通を受け国道3号線や県道熊本田原坂線などの交通渋滞の緩和に期待が寄せられます。
「一番期待しているのは3号線の渋滞がひどいので3号線の渋滞の解消につながればと思います」(地元の人)
熊本西環状道路は信号機がなく、通常時は制限速度70キロで通行できるということです。
ただ、崇城大学から上熊本の渋滞は緩和されず、逆に渋滞を招く気がします。


熊本環状道路概要
熊本環状道路は、「熊本環状連絡道路」、「熊本西環状道路」、「国道3号植木バイパス」、「国道3号熊本北バイパス」及び「国道57号熊本東バイパス」から構成される環状道路であり、中心市街地の渋滞緩和や、都市圏交通の連携を促す等の効果が期待されます。