masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

『ゆりかご』開設10年 慈恵病院と熊本市長が会見

20年前、私のお友達がお勤めしてた病院で、しかも新生児担当をしてたので、とても因縁をかんじます。
開設から10年を迎える『こうのとりのゆりかご』を運営する慈恵病院の蓮田太二理事長と大西熊本市長が9日、会見しました。
慈恵病院が2007年5月10日に開設した『こうのとりのゆりかご』は、親が育てられない赤ちゃんを匿名で預かる全国唯一の施設です。
これまでに計125人の預け入らかになっています。


蓮田理事長は「赤ちゃんの命を守るという点では役目を果たしてきた」と述べ、妊娠に悩む人の最後の砦(とりで)として引き続き『ゆりかご』を継続していく考えを示しました。
その上で今後の課題の1つとして預け入れられた子供のその後の検証について「やらなければならないと思う。ただ病院としてそこまでできないし、行政も子どもがどこに行ったか教えてくれない」と述べました。


大西市長は「125件の預け入れがなされた意味をもう一度、真剣に問い直していかなければならない時期にきている」と述べ、預けられた子どものその後の検証については「(行政として措置をした)子どもたちをフォローしていくことが福祉の面からも重要。
ただ公表は当初から非常に慎重になされてきたと思う」と語りました。
また病院、熊本市ともに「一施設の問題でなく、全国的課題としてとらえられるべきだ」という考えを示しました。