masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ハウスミカン出荷始まる 熊本市北区植木町

2017/6/22 21:50
爽やかな香りを漂わせ、次々と選果されるハウスミカン=
22日午前、熊本市北区植木町のJA鹿本南部選果場(池田祐介)
爽やかな緑色を残したハウスミカンの出荷が熊本市北区植木町で始まり、JA鹿本南部選果場では、甘酸っぱ香りが漂う中、職員たちが選別作業に追われている。
同町では11戸が栽培、年間に県内全体の3割に当たる約200トンを生産している。

清涼感のある特徴から「グリーンハウス」のブランド名で、県内のほか東京、大阪方面に出荷している。
出荷作業は20日に始まり、9月上旬まで続く。
今年は、梅雨入り後の雨量が少なかったため、例年以上に糖度が高いという。
昨年は熊本地震で選果機が損壊し、作業はJA玉名で行った。2年ぶりの地元からの出荷に、JA鹿本の果樹担当内田稔さん(39)は「地元から送り出すことで、農家もやる気が出てくる。高値を期待している」と話していた。(池田祐介)