masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

突風?で寺の屋根吹き飛ぶ 熊本市南区

熊本市南区で4日、寺の屋根が吹き飛ぶ被害が報告され、熊本地方気象台が現地調査を行っています。
被害を受けたのは熊本市南区城南町の雲晴寺です。

去年の熊本地震で瓦が落ちるなどの被害を受けても耐えていましたが、午前10時ごろ強い風によって屋根が吹き飛ばされました。
甲斐考文住職は「突然、屋根が持ち上がって落ちたみたい」と話していました。
当時、台風3号が県内を横断し強い風が吹いており、熊本地方気象台は同日朝から昼前にかけて県内に竜巻注意情報を
出していました。

城南町の被害「突風でなく台風」07月05日 18時40分
4日、熊本市南区城南町で屋根の瓦が飛ばされるなどの被害が出たことについて、現地調査にあたった熊本地方気象台は、被害は突風によるものではなく「台風3号の影響だった」と発表しました。
4日午後1時過ぎ、熊本市南区城南町で、住宅などの建物10棟で屋根の瓦が飛ばされるなどの被害があり、熊本地方気象台は突風による被害の可能性があるとみて4日と5日の2日間、職員を現地に派遣して調査にあたりました。
その結果、竜巻など突風の発生を示す特徴的な被害の広がりや目撃情報がなかったこと、今回の台風が通過したほかの地域でもあった一時的な強い南よりの風が吹いたとみられることなどから、「被害は、突風ではなく、台風の影響で風が一時的に強まった結果だ」と5日発表しました。
熊本地方気象台の松下光広防災管理官は「台風の中心部分で急速に風が強まるといった台風3号の特徴が原因になったとみられる。
突風ではなくても、台風が接近する際には今回のような急な強い風が吹くことがあるので、油断せずに行動してほしい」と話しています。