masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本植木  重さ100キロ巨大スイカを展示

県内有数の産地熊本市北区植木町で生産された重さ100キロを超えるジャンボスイカが県庁で展示されている。

県庁に運ばれてきたこのスイカ。重さ104キロ、胴回りが154センチという堂々たる大きさ。
このジャンボスイカを飾ってもらおうと、JA鹿本植木園芸部OB会のメンバーが県庁を訪ねた。
JA鹿本植木園芸部OB会の小清水義幸会長は「熊本は復興のまっただ中で、ジャンボスイカを見て頂いて少しでも和んでもらえたら」と話した。
このジャンボスイカは、県庁の地下1階にある本館と新館を結ぶ通路の展示スペースで、今月末まで飾られている。
[ 7/13 19:38 熊本県民テレビ]