masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本県も梅雨明け

07月20日 18時35分
福岡管区気象台は20日午前、熊本県を含む九州北部地方の梅雨明けを発表しました。
平年よりも1日遅く、去年に比べて2日遅くなっています。
熊本県を含む九州北部地方は、太平洋高気圧に覆われて向こう1週間、晴れる日が多くなると予想されることから、福岡管区気象台は午前11時20分、「山口県を含む九州北部地方が梅雨明けしたと見られる」と発表しました。
九州北部地方の梅雨明けは平年よりも1日遅く、去年に比べて2日遅くなっています。
県内で6月6日の梅雨入りから19日までに降った雨の量は、阿蘇市乙姫で809ミリ、山鹿市で571.5ミリ、南小国町で673.5ミリ、熊本市で556.5ミリなどとなっています。
一方、県内は20日も気温が上がり、日中の最高気温は、八代市で33度5分、水俣市で33度3分、熊本市人吉市で33度2分などと各地で30度を超える真夏日となりました。
でも、なんかすっきりした梅雨明けとは感じませんね。

きょうの熊本市は、午後3時ころまでは曇り時々晴れでしたけど、それ以降は晴れました。
朝の気温は平年より1度高くて、お昼は2度高めで、湿度が70〜95%あり相変わらず蒸し暑い一日となりました。
県下の最低気温はあさぎり町で23度0分、南阿蘇村で22度3分、阿蘇市乙姫で22度0分、益城で23度5分、南小国町で22度2分、菊池市で24度7分、人吉で22度8分、熊本市で25度1分でした。
各地の最高気温は熊本市で33度2分、菊池で32度8分、人吉で33度2分、水俣で33度3分、八代で33度5分となりました。
また、南小国で32度2分、阿蘇市乙姫で30度1分、益城で31度6分、南阿蘇で31度3分となりました。
なお、牛深で32度5分となりました。
きょうは、一連の熊本地震で、震度1以上は1回も発生しませんでした。