masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

「阿蘇長陽大橋」の通行が、1年4か月ぶりに再開


熊本地震で損傷の大橋 1年4か月ぶりに通行再開
8月27日 15時39分
去年4月の熊本地震で橋脚にひびが入るなどした南阿蘇村の「阿蘇長陽大橋」の通行が27日、1年4か月ぶりに再開されました。

これにより、九州自動車道の熊本インターチェンジと南阿蘇村は所要時間が大幅に短縮され、復興の後押しになると期待されています。
熊本県阿蘇村の「阿蘇長陽大橋」は、去年4月の熊本地震で橋脚にひびが入るなどして通行できなくなり、大規模災害復興法に基づき村に代わって国が復旧工事を進めてきました。


工事がおおむね終了したことから27日開通式が行われ、熊本県の蒲島知事は「これで通勤通学や病院の緊急搬送がスムーズになる。
阿蘇村にはこの橋を復興や観光のシンボルにしてもらいたい」とあいさつしました。

続いて関係者らがテープカットをして1年4か月ぶりの再開を祝い、通行止めのゲートが外されると一般の車両やサイクリングを楽しむ人たちが次々に渡って行きました。
国土交通省によりますと、橋の再開によって村内での移動の利便性が大幅に向上するほか熊本市にある九州自動車道の熊本インターチェンジから南阿蘇村役場まで車でおよそ1時間かかっていたのが35分ほどに短縮されるということです。
阿蘇村新所地区の区長で、現在、隣の大津町仮設住宅で暮らす江藤俊雄さん
(67)は「役場などに行くのにとても時間がかかっていましたが、便利になるので助かります」と話していました。

くまモン【公式】
「長陽大橋ルート開通式」に参加してきたモン!
テープカットをして記念撮影をしたモン☆
阿蘇へのアクセスが良くなるけん、みなさん遊びに来てほしかモーン!