masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

鏡オイスターハウス

12月10日 10時51分
八代市の鏡漁業協同組合が運営するカキ小屋、「鏡オイスターハウス」が、農林水産大臣賞を受賞したことを祝う会が、組合員や地元の住民などが参加してカキ小屋で開かれました。
八代市鏡町にある「鏡オイスターハウス」は、鏡町漁業協同組合が3年前から、かきが旬を迎える冬場にオープンしていて、ことし10月の全国豊かな海づくり大会で地域の漁業活性化に貢献したと評価され、「農林水産大臣賞」を受賞しました。


9日は、受賞を祝う会が開かれ、八代市や漁協の関係者のほか、招待された地元の住民など、およそ60人が参加しました。
鏡町漁協の徳田司組合長は「組合員の皆さんのたゆまぬ努力の積み重ねが、実を結んだ結果です」と挨拶し、日ごろの活動をねぎらいました。
そして、全員で乾杯し、かき小屋でマガキを炭火で網焼きにして味わいました。
4歳の子ども2人を連れて参加した、30代の父親は「実がしっかりしていて、とても美味しかったです。また子どもを連れて食べに来たいと思います」と話していました。
「鏡オイスターハウス」は、今シーズンは10日から一般向けの営業を始め、年内は今月30日まで、来年は1月5日から2月末まで営業する予定です。