masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

地震被害の県道 部分開通

12月14日 11時44分
熊本市と高森町を結ぶ県道のうち、熊本地震の影響で通れなくなっていた西原村の一部区間で復旧工事が終わり、14日から通行が再開されました。

部分開通したのは熊本市と高森町を結ぶ「県道熊本高森線」のうち、西原村鳥子地区のおよそ2.3Kmの区間です。
俵山トンネルのすぐ西側にあたるこの区間は、去年の熊本地震の影響で道路や橋が損傷したため通行できなくなり、並行する旧道がう回路になっていましたが、九州地方整備局が進めてきた復旧工事が完了しました。


九州地方整備局によりますと、復旧した道路は旧道に比べて道幅が広いうえ急勾配や急カーブが少なく安全に走行しやすいということで、14日午前9時の開通とともにさっそく多くの車が走行していました。
一方で、開通区間の途中にある俵山大橋は去年の地震で橋げたなどが大きく損傷し復旧工事が続いていて、当面は仮設の橋を渡ることになります。
九州地方整備局熊本復興事務所の今村隆浩副所長は「現在、段階的に県道の復旧工事を進めているところで、1日も早い全線復旧を目指したい」と話していました。