masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

ハマジンチョウ見頃(熊本県)

熊本県の天然記念物に指定されているハマジンチョウの花が天草郡苓北町の海岸で見頃となっている。


ハマジンチョウは南方系の常緑低木で、海水に浸り、水しぶきがかかる浜辺に生え冬に直径2センチほどのうす紫色の花を咲かせる。
県内では苓北町富岡のごく一部にしか自生しておらず、1982年に県の天然記念物に指定されている。
海沿いの約100mにわたる群生地では、可憐な花が咲きそろい、メジロが花の蜜をもとめて飛び交っていた。
ハマジンチョウの花は3月頃まで見られるという。
[ 1/19 13:03 熊本県民テレビ]

苓北町の富岡でハマジンチョウの花が咲いています。
花期は1−3月で、樹木の花としては最も開花が早い植物の一つであり、しかも熊本県指定天然記念物(1982年指定)になっている貴重な植物ということで話題性があるため、この時期になるとハマジンチョウの花が咲いていますよ、と毎年新聞、テレビで報道されます。
和名は全体の形態がジンチョウゲに似ていて、海岸に生えることからの命名です。
しかし、ジンチョウゲとの類縁関係は遠く、分類学的には縁遠い植物です。