masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本城の飯田丸五階櫓  解体作業 報道陣に公開

01月26日 12時01分
熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の飯田丸五階櫓で、崩れた石垣を積み直すため建物を解体する工事が始まり、26日報道陣に公開されました。
熊本城の飯田丸五階櫓は、おととしの熊本地震で石垣が大きく崩れて倒壊するおそれがあるため、城を管理する熊本市は建物をいったん解体したうえで、崩れた石垣を積み直す計画です。
建物を解体する工事は今月から始まり、26日はその工事の様子が報道陣に公開されました。

26日は内部で柱や壁を解体する作業が行われていて、最上階の屋根はすでに地上に降ろされていました。
解体した柱やはりなどの部材は保管され、今後、やぐらを立て直す際に再び使われるということです。
熊本城総合事務所の城戸秀一主査は「やぐらは順次解体していくが、部材は今後の再建のために丁寧に扱っている」と話していました。
また熊本城の天守閣のうち高さおよそ30メートルの大天守では、今月から屋根瓦をふき替える作業が進められているということです。
天守の外観部分の復旧工事は来年の春には終わる見通しで、熊本市では大天守と小天守のすべての工事を2021年3月までに終え、その後、一般に公開したいとしています。