masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

新燃岳噴火 熊本県内でも降灰

鹿児島と宮崎の県境にまたがる新燃岳で6日から爆発的噴火が続いていますが、7日は熊本でも南部を中心に降灰が確認されました。
6日、南の空に新燃岳のものとみられる噴煙が確認できた人吉市

7日朝は北西方向に約35キロ離れた場所で車のフロントガラスに灰が積もっていました。
「やっぱり霧島からこっちまで(灰が)来るとたいね」と近くの住民。
津奈木町でも降灰がありました。
芦北地域特産のサラダタマネギを栽培している永松尚美さんは「けさ気づいた。タマネギの葉にも積もっている。初めて」と驚いた表情ながら「今日のところは量も少なく、来月中旬に予定している収穫への影響はないだろう」と話しました。
気象庁によりますと、7日夜から8日朝にかけては火口から北西方向へ噴煙が流れる可能性があり、熊本県内ほとんどの市町村で降灰に注意が必要です。