masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

平年より10日早く梅雨明け


(気象予報士 森明子のそらいろにっき)より
週末の大雨から一転、梅雨明けの発表です。
きょう、福岡管区気象台は、「熊本県を含む九州北部地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
平年より10日早い梅雨明けです。
5月28日の梅雨入りから昨日までの降水量は、県内で最も多かった湯前町横谷で1351㍉、平年の約1.7倍となりました。
熊本市は平年比111%、人吉市で151%と県内各地、平年より多くなりました。
先週末、西日本各地に記録的な大雨をもたらした梅雨前線は、九州の北を北上し、県内は一気に夏の天気。
きょうは、朝から青空が広がりました。
豪雨被害が大きかった地域でも梅雨明け。
中国、近畿、東海、北陸地方でも、きょう梅雨明けが発表されました。
雨が止み、ほっとする一方で、今度は暑さに注意が必要です。
あすの最高気温は、熊本市で35℃の予想。
今週は猛暑が続きそうです。
カテゴリー: 未分類 | 投稿日: 2018年7月9日 |


きょうの熊本市は、、早朝から晴れて、お昼2時ころから晴れ時々曇りとなりました。
相変わらず湿度が非常に高く、気温が高くなり非常に蒸し暑い日となりました。
洗濯物はカラッと乾き、久しぶりにシーツを干しました。
熊本市の最低気温は平年並みで、最高気温は平年より4度高くなりました。
県下の最低気温はあさぎり町で20度8分、南阿蘇村で21度9分、阿蘇市乙姫で21度0分、益城で21度5分、南小国町(黒川温泉)で20度3分、菊池市で22度2分、人吉で21度3分、熊本市で23度2分でした。
各地の最高気温は熊本市で34度3分、菊池で34度7分、人吉で32度0分、水俣で34度6分、八代で33度6分となりました。
あさぎり町で32度2分、南小国で31度2分、阿蘇市乙姫で30度1分、益城で33度8分、南阿蘇で29度7分となりました。
なお、牛深で32度1分となりました。
ところで、今回の豪雨はたくさんの犠牲者が出て、悲惨な災害になりましたね。
ただ、避難指示など出てるのに、多くの人が避難しなかったのか不思議です。
わたしなど、白川の近くに住んでいて、水かさが少し上がってきたら、父の号令ですぐ避難してました。
当時は避難勧告などなかったのですけど、空振りでも良いから逃げることといってました。
6・26大水害を経験してから、すごくぴりぴりしてました。
さて、避難生活で一番苦労するのは断水です。
水がないとトイレも使えず、お風呂も入れず大変苦労しました。