masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本城で石垣積み直し始まる

07月23日 11時57分
おととしの熊本地震で大きな被害を受けた国の特別史跡の熊本城で、およそ400年前に築かれた貴重な石垣を積み直す作業が23日から始まりました。
おととし4月の熊本地震で熊本城の石垣は全体の3割にあたる7万個から10万個の石垣が崩落したりゆがんだりする被害を受けました。
このうち、3年後の復旧を目指す天守閣では、23日から崩落した石垣を積み直す作業が始まり、その様子が報道陣に公開されました。


作業は、大天守と呼ばれる建物の北側の石垣で行われ、作業員がクレーンを使って重さ400キロほどの石をつり上げ、元の場所に運んでいました。
熊本市によりますと、熊本城の石垣はおよそ400年前に加藤清正が築いたとされる貴重な文化財で、クレーンで戻した石は専門の石工が手作業で位置を調整する必要もあるため、1日で積み直せる石は多くても10個程度だということです。
天守の石垣を積み直す作業は12月末までかかる予定で、熊本城全体の復旧工事は今後20年をかけて行われる見通しです。
熊本城総合事務所の野本達雄副所長は「20年に及ぶ復旧作業の第一歩として記念すべき日だと思う。
着実に積み直していきたい」と話していました。