masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本駅 旧駅舎解体で連絡通路など一時変更

熊本駅 旧駅舎解体で連絡通路など一時変更 20日から
JR熊本駅熊本市西区春日)では20日から、新駅舎から白川口(東口)駅前広場をつなぐ連絡通路やタクシーの降車場などが一時変更となる。旧駅舎の解体工事に伴うもの。


仮通路は約100メートル長くなるため、県熊本駅周辺整備事務所は「移動時間には余裕を持ってほしい」と呼び掛けている。
同駅では3月に在来線の高架化が完了し、4月から旧駅舎の解体工事が進行中。
利用者の安全性を確保するため、現在の通路を南側に迂回[うかい]させる。
タクシー降車場、一般車や障害者の乗降場もそれぞれ5〜40メートル移動する。
2021年春の駅ビル開業に合わせ、整備する駅前広場の工事も秋ごろ始まる予定。
同事務所は今後も工事の進捗[しんちょく]に応じて、乗降場や通路の場所を変えるとしている。(酒森希)
(2018年8月12日付 熊本日日新聞朝刊掲載)