masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

台風20号 日本海を北上

2018年8月24日 13時08分台風 警戒点
台風20号は、日本海を北へ進んでいます。台風が通過した近畿を中心に各地で猛烈な雨が降り、和歌山県では川が氾濫しました。
これまでの雨で地盤が緩んだり川が増水したりしているところがあり、引き続き土砂災害や川の氾濫などに十分な注意が必要です。
気象庁によりますと、台風20号は、23日夜から24日の未明にかけて、近畿地方を通過し、24日正午には石川県輪島市の北270キロの海上を1時間に45キロの速さで北北東へ進んでいます。
中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南東側560キロ以内と北西側280キロ以内では、風速15メートル以上の強風が吹いています。
台風が通過した近畿や北陸では、24日明け方にかけて断続的に猛烈な雨が降り、気象庁は、大阪府京都府兵庫県和歌山県、それに福井県の各地に「記録的短時間大雨情報」を相次いで発表しました。
近畿を中心に、24日朝までの48時間に降った雨の量が多いところで600ミリを超えるなど、各地で記録的な大雨となり、和歌山県を流れる熊野川が氾濫しました。
また、台風の通過に伴って風も非常に強まり、和歌山市の友ケ島灯台では、23日午後11時ごろに52.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。
台風はこのあとも日本海を北上し、24日夜には、北海道の西の海上温帯低気圧に変わる見込みです。