masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

「阿蘇山ロープウェー」駅舎解体撤去へ

阿蘇山ロープウェー」駅舎や支柱、解体撤去へ 熊本地震で損壊
来春までに解体される「阿蘇山ロープウェー」の阿蘇山西駅(右)。
中央左奥の火口西駅に向けて立つ支柱から順次撤去される=12日、阿蘇市

阿蘇山西駅から望む火口西駅(右奥)方面。間に立つ4本の支柱から順次解体、撤去される九州産交ツーリズム熊本市)は12日、同社が阿蘇市で運行し、熊本地震で損壊した
阿蘇山ロープウェー」の駅舎と、ロープの支柱を解体、撤去することを明らかにした。


近く工事に入り、来春までに終える計画。
阿蘇山ロープウェーは、1958年4月開業。
中岳第1火口近くの火口西駅と麓の阿蘇山西駅をつなぐ延長858メートルで、年間40万〜50万人が利用してきた。
同社によると、地震で両駅舎と、駅舎間に4本ある支柱(高さ7〜15・5メートル)にひびが入るなど損傷。
半年後の第1火口の爆発的噴火では、火口西駅舎の天井に穴が開いた。
運行はできず、2014年8月末から続いていた火口周辺の立ち入り規制が今年2月に解除された後はバスを代替運行している。
ロープを昨年4月に撤去し、駅舎などはそのままだったが、観光客らの安全確保のため全て撤去することにしたという。