masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

地震で避難の動物 熊本に戻る

10月22日 18時13分
おととしの熊本地震で大きな被害を受けた熊本市動植物園から九州のほかの動物園に預けられていた動物たちが、22日、およそ2年半ぶりに熊本に帰ってきました。
熊本市東区にある熊本市動植物園は、熊本地震で飼育施設にひびが入るなどの被害が出たため猛獣舎にいた動物5頭が九州のほかの動物園へ預けられていました。


猛獣舎の復旧工事が完了したため、22日午後、福岡市動物園に預けられていたネコ科の動物、ウンピョウのきょうだい、兄の「ジュール」と妹の「イーナ」、それに、大牟田市動物園にいたネコ科の動物、ユキヒョウの「スピカ」の3頭が、飼育員らの「おかえり」という声と拍手で迎えられ、動植物園に帰ってきました。
およそ2年半ぶりの園でしたが、3頭は暴れることもなく、時折、水を飲むなどし
て、落ち着いた様子で過ごしていました。
園によりますと、九州のほかの動物園に預けられているアムールトラの「チャチャ」、ライオンの「サン」、「サン」のお嫁さんとして迎えられるライオンの「クリア」は、23日、到着するということす。
熊本市動植物園の岡崎伸一園長は「ようやく帰ってきてくれて、肩の荷がおりたような思いと、早くなじんで欲しいという思いです。再開まで万全の準備をして、早くお客さんを迎えたいです」と話していました。