masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

珍しいかんきつ類「くねぶ」収穫

11月26日 14時28分
五木村では全国的にも珍しいかんきつ類「くねぶ」の収穫が始まり、農家の人たちが作業に追われています。

「くねぶ」は室町時代に伝来したとされる東南アジア原産のかんきつ類で、とげが少ないほか酸味が弱く、甘みがあるのが特徴です。
栽培は全国的に珍しく、「五木村農林水産物協議会」では特産化に取り組んでいて、この時期、農家で収穫作業が始まっています。


このうち、五木村宮園地区の尾方道雄さんの敷地では、尾方さんが直径5、6センチ程に育ったくねぶをはさみを使って一つ一つ丁寧に収穫していました。
尾方さんは「多いときは90キロ採れていましたが、ことしは収穫量が少ないです」と話していました。
五木村農林水産物協議会によりますと収穫は来月7日までの予定で、全体でおよそ2トンの収穫量を見込んでいるということで、収穫された「くねぶ」はポン酢やお菓子、ドレッシングなどに加工されるということです。