masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本城大天守の石垣が元の姿に

12月27日 17時51分 NHK
おととしの地震からの復旧工事が進む熊本城で、27日、工事の進捗状況が報道陣に公開され、大天守の石垣についてはほぼ、地震前の姿に戻っている様子がうかがえました。
おととしの熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の天守閣では、3年後の一般公開を目指して復旧工事が進められています。


このうち、大天守の崩れた石垣を積み直す作業は先月までに終了し、その後の様子が27日、報道陣に公開されました。
地震当時、石垣は、特に出口付近が大規模に崩れていましたが、793個の石が積み直され、現在はほぼ、地震前の姿に戻っていたほか、建物の外観についても2階から上の部分は工事を終えていました。
残る1階の外観部分の復旧工事は、来年秋には終わる見通しで、それに合わせて立ち入り規制も一部解除され、天守閣付近まで歩いて見学できるようになります。
一方、小天守は建物の4階部分がすでに解体され、年明けからは大天守の3倍以上にあたるおよそ2500個の石を積み直す作業が始まります。
熊本城総合事務所の野本達雄副所長は「大天守の石垣の積み直しを終えたのは一つの節目だ。
来年以降もさまざまな工事が待っているので気を引き締めて進めていきたい」と話していました。