masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

熊本城小天守石垣の積み直し進む

熊本地震からの復旧工事が続く熊本城で19日、小天守石垣の積み直しの報道公開がありました。
積み直される石は2377個、そのうち126個は新しい石が使われる予定で、この日は現場近くで石を加工する様子も見られました。
工事は先月中旬に始まり、すでに300個ほど積み直しており、今年10月の特別公開の開始までには終了させたいとしています。

天守は去年11月に積み直しが終わり、石垣と櫓(やぐら)の2階から上はほぼ被災前の姿に。
櫓内部の観覧再開予定の再来年春に向けて新たな安全対策も講じられています。
出口付近にある鉄製の柱に金網が設置され、石垣が崩れても観光客に被害が及ばないよう計画されています。
西大手門は櫓の解体が完了し今年10月以降、二の丸広場から頬当御門に向けて観光客の通り道となる予定で、こちらも石垣が崩れても被害が及ばないよう対策がとられる予定です。
熊本城総合事務所の野本達雄副所長は「今年の10月5日には、きれいになった大天守の外観が復旧する。
その時には、ここまで入って大天守を見てもらいたい」と話していました。

f:id:masami71:20190221124457j:plain