masami71の日記

熊本市在住の68歳の年金暮らしです

キンショウメロン出荷盛ん

04月22日 11時18分
黄色く縦長の形で、あっさりした甘さが特徴のキンショウメロンの出荷が、菊池市で盛んに行われています。
菊池市七城町の板井地区では、40年余り前からキンショウメロンが栽培され、11軒の農家がハウスで栽培しています。

f:id:masami71:20190424132619j:plain

農家でつくる組合では、先月中旬から収穫と出荷が始まり、出荷場では22日、農家の人たちおよそ10人が、キンショウメロンを1つ1つ手にとって色つやや形などを確かめながら箱に詰めていました。
キンショウメロンは、黄色でやや縦長の形をしていて、果肉の多さやあっさりした甘さが特徴です。
組合によりますと、ことしは昼と夜の寒暖差があるなど気候に恵まれたため、糖度が17度前後と甘くて品質の良いメロンに仕上がっているということです。
キンショウメロンの収穫は7月下旬まで続き、主に名古屋や大阪、それに神戸などに向けておよそ200トンの出荷を見込んでいるということです。
板井園芸組合の高野和義組合長は「おいしく仕上がったメロンの出荷がいま、最盛期です。
地元の直売所でも販売しているのでぜひ食べてもらいたいです」と話していました。